歩行障害をもたらす脊柱管狭窄症の治療|検査の負担が少ない病院

ホルモン異常による病

病室

甲状腺は体の調子を整えるホルモンを分泌します。しかし甲状腺に異常が現れた場合、ホルモン量が過剰になることや不足することで、体にも大きな影響が現れます。放射性ヨウ素を服用する治療法によって、バセドウ病や甲状腺がんなどの病の治療を行えます。

詳しくはこちら

神経の圧迫による症状

病院

年齢を経るごとに多くの人は体の節々への痛みを訴えるものです。特に多くの高齢者が抱える痛みといえば腰痛が挙げられ、腹筋や背筋の衰えに伴い慢性的に痛みが現れます。多くの人は年だからと諦めますが、中には単なる筋肉の炎症ではなく、骨の変形による痛みが原因で腰痛が発生している場合もあるのです。脊柱管狭窄症と呼ばれる病が該当し、神経を圧迫することで重篤な症状を発生させてしまうのです。脊柱管狭窄症は、体の神経が通る場所である脊柱管が変形することで発症します。強い腰痛はもとより、神経の圧迫によって下半身の痺れや排泄障害が現れます。特に顕著となる症状といえば間欠跛行が挙げられ、歩行すると足の痺れによって頻繁に動けなくなる症状が現れるのです。この脊柱管狭窄症の治療法といえば、外科療法のほか理学療法による方法が一般的となっています。病院では症状に合わせ、適切な治療法を選択するのです。

脊柱管狭窄症による外科療法では、変形を起こした脊柱管を広げる施術を行ないます。神経を直接圧迫している骨を削ることで、脊柱管狭窄症による症状を緩和することができるのです。半身不随などが起きる恐れがある、緊急の状態の場合この治療法が用いられます。理学療法では姿勢を特殊なコルセットで補強する方法も使用されます。神経に負担を与えない姿勢を固定することで、徐々に症状を緩和させることができるのです。腰痛などの痛みを取り除く薬剤や、炎症を抑える薬剤の服用も合わせて、体に負担を与えずに改善させることができるのです。

腸に現れる難病

看護師

潰瘍性大腸炎は難病として認識される病です。通常体を守る働きをする免疫細胞の暴走により、この症状が引き起こされるとされています。治療法は外科療法による方法のほか、ステロイド薬や5-アミノサリチル酸を使用する内科的療法が用いられます。

詳しくはこちら

負担のない検査機器

入院

平野区にある病院では、患者さんに負担を掛けない検査機器を導入しています。オープン型の検査機器で、医師が患者さんの顔を見ながら声を掛けることにより、不安を取り除きます。また、16断面を撮影できる機器により、体のどの部位にできた病変も見逃しません。

詳しくはこちら