歩行障害をもたらす脊柱管狭窄症の治療|検査の負担が少ない病院

負担のない検査機器

入院

平野区にある病院では、患者さんの負担を抑えた検査機器を各種取り揃えています。体の不調の原因や、定期検診による病の早期発見のために使用される機器といえば、CTやMRI機器が挙げられるでしょう。小さな寝台に寝かされ、大型の機械に入れられる検査ですから、閉所が苦手な人や子供、お年寄りには心理的な不安感がある機器となります。平野区の病院が導入したMRI機器は、入るスペースを広く保つことで、機器内部からでも医師の姿が見られるようになっています。医師が患者さんの顔を見ながら声を掛けてくれるので、子供やお年寄りでも安心して検査に臨むことができるでしょう。高精度で撮影時のノイズを抑えた機器であるため、体に負担を与えるX線量も少なくすることができます。多くの人が不安に思う検査での被曝を最小限に抑えているので、誰でも安心して検査を受けられるでしょう。

体に発生する病変は、できた箇所によっては発見しづらいことが多くあります。膵臓などにできる病など、場所が体の奥にあるため今までの検査機器では発見が遅れてしまう場合もあります。しかし平野区の病院では、16断面を一度に撮影する検査機器によって体のどの部位にできた病変も見つけ出してくれます。平野区の病院が使用するCTやMRIなどの機器は、一度の撮影で体のあらゆる角度から撮影ができます。撮影した画像を組み合わせ、三次元的な立体画像を構築することで、体に現れたわずかな病変も発見できるのです。撮影によって何度も機器を使用されることもないので、患者さんに対しての負担が少ない点も支持されています。