歩行障害をもたらす脊柱管狭窄症の治療|検査の負担が少ない病院

腸に現れる難病

看護師

腸に現れる病の中で、近年多くの人が抱えている病といえば潰瘍性大腸炎が挙げられます。腸の粘膜が炎症を起こし、潰瘍やびらんなどの症状が現れるとされています。放置することで大腸がんなどの病を誘発させるとして問題となる病なのです。潰瘍性大腸炎は、持続的な粘膜の炎症が引き起こす病です。未だにはっきりとした原因がわかっていない難病ですが、現在では免疫疾患が最も有力な説とされています。免疫疾患とは、体の中に侵入した細菌やウィルスを撃退する免疫細胞が異常を起こし、体にダメージを与えてしまうことでさまざまな症状が現れることを指します。潰瘍性大腸炎は、本来ならば無害な物質を免疫細胞が誤認し、執拗に攻撃することで粘膜に炎症が引き起こされて潰瘍が発生する病です。症状として下痢や腹痛、発熱を発症するとされています。粘性のある血便が排出されることも自覚症状の一つでしょう。

潰瘍性大腸炎の治療法は、外科療法による治療のほか薬剤を使った内科的治療法もあります。潰瘍性大腸炎の症状が深刻な場合、外科療法によって潰瘍を切除する治療法を行ないます。ひどい場合には腸内で出血を引き起こすこともあるので、緊急の場合には外科療法が適用される場合が多いのです。薬剤を使用して行なう治療法では、ステロイド薬や5-アミノサリチル酸が使用されます。腸の炎症が元で引き起こされる潰瘍性大腸炎なので、炎症を抑える効果がある5-アミノサリチル酸は高い効果をもたらす薬といえます。ステロイド薬は免疫疾患にも使用される薬です。免疫疾患によって引き起こされる潰瘍性大腸炎に使用することで、根本原因へ直接アプローチすることができるのです。